2012年11月20日火曜日

伊藤計劃『メタルギアソリッド サンズ・オブ・ザ・パトリオット』読書会|12/1@京都

京都市、京大構内にて伊藤計劃の読書会しますよ、という話。

気になる人は、http://twipla.jp/events/32073かリプライください。

今回は、なぞべーむさんが選んだ『MGS』のノベライズ。画像は、ハードカバーの時のものですね。自分は文庫のも好きです。帯コピーが結構いいんですよ、文庫は。

この、名前も決まっていない読書会では、毎回誰かが本を選びます。(順繰りです。)
できるだけ読んだことある人が少ない本、というのが唯一の条件です。あとは適当。
どれだけ読書会の時間を続けるかも適当。さっさと終わる回もあれば、白熱して長くなる回も。

今まで読んできた本はこんな感じ:最初は、自分が選んだ平野啓一郎の『ドーン』、その次は、直木賞作家の『利休にたずねよ』

真面目に読んでは来ますが、気楽さと無計画さだけをモットーに続けていこうという、小説の読書会です。
主催者も一応おらず、ルールもなく、年齢制限も、ジャンル制限もありません。
そういう読書会。

・普段自分が読まない本に出会うこと
・読書会自体を継続すること
・自分の考えに自分自身が出会うこと
・他人の感想にぶつかること

辺りでしょうか、個人的に意識しているのは。
あんまり言語化していなくても、ぽつりぽつりと「このシーン気になる」とか「この文章どういうこと?」とか、そういうわかりやすい話や、読書談義から、案外本質的な議論に繋がっていくことが多いように思います。

本を媒介にして、場を共有し、人と人とが話すのは案外いいかんじです。

ちなみに、参加者は大体Twitterで見つけてきた人です。

0 件のコメント:

コメントを投稿