2018年2月21日水曜日

某集中講義の感想

大学院生向けの教育に関する集中講義を受けて書いた感想を貼っておきます。
成績もついたことですし、もう問題ないと思うので。

個人的な事情にも触れているのですが、このままだとメールフォルダで埋もれそうだったので、ここに貼ることでアーカイブ化しておきます。
ざっと書いたエッセイなので、間に合わせ感も半端ないですが。



1.授業を通じて学んだことや身についたこと


 誰かと協働するというとき,相手からのアクションがなければ,協働の関係をうまく築くことはできない。主役を張る人がたった一人で暖簾を押したところで,何か事態は変わったりしない。これは当たり前のことではあるが,積極的なパートナーたちとチームを組んだことで,その意を実感した。(全然関係はないが,円城塔『道化師の蝶』には,集団で織りものを織るというシーンがあり,それを思い出した。)

今後,教員として,私が他の教員と組んで授業することもあろうし,複数教員がかかわるような講義やコースを設計することがあるかもしれない。その場合,今回の講義のようなパートナーシップが望めるかというと,あまり期待できないのではないかと思うと,少し悲しく思う。シンポジウムの企画や,自分の講義でゲストスピーカーを設定するときなど,まずは自分の手の届く範囲で,そして,自分が確かに信頼し,既に協働関係を築くことのできた人たちとのあいだで,ひとまずは,個別の実践を積み重ねていけたらと思う。



2.自身の教育観


 私は,少なくとも,10代の私は,グループワークが苦手だし,学校の講義もあまり好きではなかった。正直,しゃらくさいとさえ思っていた。「低い」レベルに合わせなければいけないからというわけではない。どちらかというと,学問的でないことについて,ぼっち的である人間として,単に「つらい」ということかもしれない。かつての私は,集団で何かをすることに,精神的に向いていなかった。今後は,そんなことなどなかったかのように,グループワークをしたりもするのだろう。しかし,心のどこかでは,嫌がっていた過去の自分のことを思い出して,「これにはついていけない,ついていくのが嫌な人もいるだろう」と思う余地を,頭の片隅に残していたい。

 このような,ある種の「不信感」は,学校や授業への疑いというより,(チームトマトの授業内容のよろしく)「教え」や「学び」の遍在に対する信念につながっている。私が単著を準備している思想家の鶴見俊輔(2019年には刊行できるようにがんばります!)は,これを「偶発性教育」などと呼んでいる。これは、「ハッとするような瞬間に,自己の中でうまれる変化に注目しよう」という掛け声だと理解すればいい。実際に教える立場,教師と呼ばれる立場に立つだろうからこそ,「実際はそうでなくてもいい」という反対の視点を忘れないようにしたいと思う。少なくとも,私は,そういう大人に助けられてきたからだ。



3.実際の授業で実践してみたいこと


 京都大学人間・環境学研究科のプレFD企画「総人のミカタ」にて私が担当した講義では,プラトンやハイデガーが使った論法を体感してみようということで,「哲学に関するイメージ」をグループごとに挙げてもらい,それを全体で共有しつつ,哲学者の既存の哲学に関する言説と突き合わせるという作業をやってみた。これは,優秀な院生の友人たちがグループについてもらうなどのサポートがあったからこそできたことではあるが,参加者や参加院生にも好評であり,類似の試みは一層実践されていいと実感した。(具体的には,「メノンのパラドックス」をすでにクリアしているということを,哲学の定義をめぐって、実体験してもらうというもの)

 哲学教育において,座学的な教授はどうしても必要になるし,それが主となることはやむを得ないところがあると思う。学生の関心や,学習意欲などにもよるだろうが,典型例としては,やはりそうなのだろうと思う。(さらに言えば,チーム地球惑星開発連合?の貫井さんが言っていたように,他の講義から必要とされ,そこに参与するような形でかかわるときは,その限りではないと思う。)とはいえ,グループワークは,哲学の敵ではないし,そもそも,私が哲学を学ぶ上で最も有益だったのは,ゼミや読書会での対話であり,そこに参加している先輩や友人,後輩たちとのインフォーマルな会話である。そうした対話的な知性を育むために,様々な教授法と,よりよい付き合いを模索しなければならないと思った。

しかしながら,それ以上に,講義を受けて実感したのが,とりあえずグループワーク,とりあえずアクティブラーニングの危うさということだ。自分自身,実際にグループワークをやったりする中で,それなりに考えている風の振る舞いや発言をするときであっても,それが腑に落ちているわけでもなかったり,それが授業の前後の流れと有機的に結びついているわけでもなかったりすることがあると思うことがあった(連続講義で疲れているのもあるだろうが)。設計の上で導入されたグループワーク・アクティブラーニングですら,こうなのだから,「上から言われたから/そういう時代だから/流行りだから,ただ単にやってみる」というのは,教師の主観的な満足をもたらし,学生も何かをやった気にはさせるが,身にならないという不幸な事態をもたらすのではないか。

 随分,天邪鬼なことを書いたが,こうしてバランスをとり,ブレーキをかけるのも哲学研究者らしい気もする。高等教育について,哲学教育については,これからも調査・研究・実践を続けていきたいので,頭のどこかではブレーキをかけるような冷静さを保ちながら,学生たちに学習しやすい場を提供できるように,できることはなんでもやっていきたいと思っている。




2017年12月27日水曜日

大槻香奈個展「がたんごとんひるね」(2017)の感想

大槻香奈さんの個展、「がたんごとんひるね」をみにいってきました。
ギャラリー創治朗(伊丹)での展示で、2017年12月12日から27日まで開催しています(いました)。

「がたんごとんひるね」
いつもながら、使用する画像は、大槻香奈さん本人がツイッターに挙げている写真か、創治朗の公式アカウントが挙げている画像に限りました。
(以下、敬称略)



キャラクター化された人物――幽霊写真について


下の画像を見てほしい。
ゆめしかちゃんの右手には、古い写真を素材にした絵が飾られている。

大槻の展示を見たことのある人なら、必ず目にしているであろうタイプの作品だ。
画像では、小さくて見えにくいが、人が映った写真が使用されている。



ポイントは、その作品では、人の顔を隠すようにキャラクターの顔が書かれていることだ。

人に重ね描きされたキャラクター。
大槻の作品では、顔だけが「キャラ絵」隠されることもあれば、人を全体をかたどり、覆い隠すようにしてキャラクター的身体が描かれることもある。

写真を使った大槻の作品の中には、生身の人間の姿と、キャラクター化された人間が並んでいるものもある。
(会場にあったドローイング集に、その実例が見られたはずだ。)

そうした作品が最もわかりやすいのだが、こうしたその人の「その人らしさ」みたいなものが、キャラクター化によってデフォルメされた印象を受けるだろう。
生身の人間にキャラクターを重ね描きすることは、その人の生がもっていた「個別性」を失って、ある種の匿名化を達成することだと言える。
(ここで、私はアンダーソンの「無名戦士の墓」のようなイメージを思い起こしてしまう。)

少し視点を変えよう。
写真論の古典、『明るい部屋』の中で、ロラン・バルトが、「かつて=そこに=あった」という印象を与えるのが写真の特性だと指摘したことはよく知られている。
(この特性を、うまく利用し、私たちの印象を撹乱するのが、杉本博司の「シロクマ」などの初期作品。)

しかし、私たちは、キャラクターを重ねられた人物(の写真)から、「かつて=そこに=あった」という印象を受け取ることはない。
キャラ化された人物は、その写真において見られるものでありながら、その写真が撮られた時空間に帰属しない。
これは、心霊写真の類に似ている。
いわば、キャラ化された人物は、キャラクター的な重なりによって、「幽霊」になっているのだ。
(キャラクターは、「まんが・アニメ的リアリズム」において捉えられる。こうしたリアリティが私たちの知覚体験に及ぼす影響を考察したことがある。……いつか論文にするつもりです、がんばる。)

幽霊は、死んでいながら、もう死ぬことのない存在として、私たちの生を取り囲むように、さまざまな事物において見出される。
写真に描き込まれ、重ねられたキャラクターは、幽霊と呼ぶ他に適切な名前が見当たらないだろう。
(そこで、写真に重ね書きするシリーズを、「幽霊写真」シリーズとでも呼んでおこう。)


モノにおいて、クリーチャーによって――気配と幽霊写真


ここ1,2年ほど、大槻は「気配」という言葉を多用するようになった。
「気配」という言葉は、そこに実際に人がいるときに、人に対して使うだけでなく、そこに人がいないときにでも、環境や事物に対しても使われる。

実際、植木など、人の生活を取り囲むモノが描かれることは多い。



「気配」という言葉がタイトルに組み込まれた作品にも、こうしたモノは(いささか唐突に)侵入している。


上の写真は、絵の一部分だ。
私の記憶が正しければ、この絵の左下には、犬のようなクリーチャーが描き込まれている。
植物のようなモノだけでなく、人間的現実に属すかどうかも定かでない生き物が。

ここで、中沢新一が、虫取り的な感性の延長に「ポケモン」ブームを捉えたことを思い出そう。
中沢の議論がさしあたりは「子ども」をモデルにした議論であるように、子どもの想像力は、しばしば私たちが生きている日常を取り囲むように、「かわいい」クリーチャーを知覚するだろう。
今、「子ども想像力」と書いたが、実際に子どもである必要はない。子どもに象徴される想像力のことだと思えばいい。

大槻が、不思議なクリーチャー(や図形)を描くのは、私たちの生を、人間的な現実とは異なる秩序に属する「何か」が存在しているという直観を表しているように思われる。
ちょうど、ポケモンや妖怪ウォッチ、妖精が描かれた文学のように。


このことが特徴的に表れているのは、今回の展示で飾られていた作品よりも、ドローイング集の中にあるいくつかの作品だ。
小学校かどこかで、子どもたちの絵を飾った教室の背面を撮った写真を使用した作品のことだ。
背面に掲示された絵のいくつかが、キャラ化されたものや、イヌのようなクリーチャーに書き換えられているのだ。
私たちの日常に、そういう「何か」が、いたのかもしれない。

「幽霊写真」は、バルト的な「かつて=そこに=あった」ではなく、「かつて=そこに=あった=かもしれない」ものを表現するものだと言えるだろう。
「幽霊写真」は、私たちが子どものとき、存在に気づいていたが忘れてしまったことを表現している、あるいは、私たちが気づかなかっただけで存在したかもしれないものを伝えている。


少女たちを通して、(確か花のような)「何か」が透けて見えている。
それと同じように、私たちは、モノや人や環境をそれ単体でまなざすとうよりも、それらにおいて「何か」を見ている。

いずれにせよ、恐らく、「気配」という言葉でかたどられているのは、私たちがモノにおいて「過去」を見るときに抱く「かもしれない」という感覚なのだ。


想像力それ自体の作品化


今、私たちが享受している(と感じている)「現実」には、様々な線が描き込まれている。
それは、社会とか秩序とかルールとか言ってよいものかもしれない。


その線に重ねるように、何かがこびりついたり、他の何かが描かれたり、また別の何かが侵入してきたりする。
こうした線引きや侵入は、主体の能動的な働きというより、向こうから否応なく「やってくる」ものとして、いわば「流入」として描かれているように見える。

想像力は、しばしば人の能動的な働きだと理解されている。
しかし、私が研究で扱うジョン・デューイという思想家は、やや受動的なニュアンスを込めて使っている。
つまり、何らかのヴィジョンが自分の現実に侵入してくるとき、その媒介的な役割を果たすものとして、想像力を捉えている。
やむにやまれず突き動かされる力、それが「想像力」の本懐だというのだ。



主体による積極的な構成や投影というより、向こう側からやってくるかのように捉えられる想像力の働きは、「流入」の比喩で、しばしば描かれる。
とすれば、線を引き、図形が侵入し、色がこびりつき、クリーチャーが跋扈する雑多でジャンクな作品群は、こうした人間の受動的な想像力を捉えたものと言えるかもしれない。

要するに、大槻は、様々なもの(=幽霊/気配)が流入する世界を描いているのだが、それは、人間の想像力のプロセスをそのまま作品化したものなのだ。


日常を取り囲む気配


何の変哲もない、日常触れるものたち。
大槻の作品で、封筒、卵ケース、チラシなどが使用されることを、私たちはもっとシリアスに受け取っていい。


日常を取り囲んでいて、そこここに、あったかもしれない「何か」。


こうした視点からみると、大槻の作品には2つの突き抜け方があると思われる。

①どこから視線を送ったらよいのかわからないほど、雑多なものがジャンクな秩序感で描き込まれたもの



②何の変哲もないもの



①では、あらゆる「何か」が重ねられ、溶け合っている。
それを、想像力の反映と見てもいいし、幽霊の跋扈する世界だと見てもいいし、境界侵犯の実例と見てもいいし、逆に、ジャンクな秩序形成の戦略と見てもいい

②として、単に家や人やモノが描かれた作品を念頭に置いている。
大槻の絵を、ある種の「文化装置」(C. W. ミルズ)として、自分のものの見方を変えた者なら、意識しようがしまいが、その作品において「何か」を、つまり、「幽霊」を見るだろう。
もはや、明示的に描かれる必要はない。



高校の頃に現代文の授業で読んだ印象的な言葉が思い出される。
思想家の林達夫によると、(この場合文芸の)作家の戦略として、意味をどんどん肥大化させていて、過剰さに突き抜ける戦略と、逆に、どんどんと意味をそぎ落としていって、もはや意味を担いえないようなギリギリまで研ぎ澄ませていく戦略の二つがある。
もちろん、この二つが、上の①/②と大まかに対応している。

これだけがありうる観賞の切り口でも、ありうる作家の戦略ではないが、そんな仕方で見てもいいんじゃないですか、という話でした。
おしまい。





2017年12月26日火曜日

2017年の活動記録

一昨年くらいまでは、「今年の活動記録」のようなものを作っていたのですが、色々忙しかったり何だったり、でまぁ、放置していたので、思い出したように書いてみます。

<読書記録>


今年は、460冊読みました。(12月26日19時現在)
読み飛ばしたものも多いのですが、目的によって読書のギアが違うので、こんな感じです。
漫画は含んでいませんが、含めてもまぁ、550冊はいかないでしょうね。
直接に研究に関わる洋書の専門書は、「読み終わった」という感じがいつまでもしないので登録していないものが多いですし、論文はカウントされていません。

また、京都は出町柳にて開催しているGACCOH小説読書会は、6回開催されました!
ゆるゆると2ヵ月に1回くらいで読書会やってます。
年明けは、1月28日が有力で、課題本は『キオスク』です。


<映画や展示>


なぜか、ドラえもん映画みたり、「Blame!!」や「三月のライオン」みたりした今年です。
エウレカセブンがカルト的に好きすぎなので、「エウレカセブン ハイエボリューション」が、自分にとっては、今年一番の映画でした。
多分、明日は「オリエント急行殺人事件」みにいきます。クリスティ好きなので。
(よかったです!)


展示は色々みたけれど、特に印象に残ったものは、感想を書いています。

・agoera個展「Missing」の感想は、こちら
・大槻香奈個展「生の断面 死の断片」の感想は、こちら
・大槻香奈個展「がたんごとんひるね」の感想は、こちら

<総人のミカタ>


同じ研究科の後輩に誘われ、始まった異分野の院生が集まったリレー講義企画、「総人のミカタ」

実際は、講義そのものよりも、各講師の講義をネタに、講義検討会をやるのがすごく刺激的でした。
影響を受けて、ブルデュー読んだり、学際(教育)について考えたり、質的研究について調べたり、日本の政治学について読んだり……それだけでなく、論文を融通し合ったり、資料となる映像を見せてもらったり、互いの研究に対してアイデアを出したり。
刺激的だ、というだけでなく、(研究を介してではあれ)友達というか仲間?ができたのも、心の支えになりました。

自分は、年明けに講義とディスカッションがありますし、2月頃には公開のシンポジウムがあります。
ご関心あれば、ぜひご連絡ください。
参加歓迎です。

また、12月には、「総人の卒業生の話を聞いてみよう!」という企画で、司会を務めたりしました。
同級生の友達にじっくり話を聞けたり、新たに学年の違う卒業生と知り合えたりして、楽しかったですね。



<研究活動>

学会発表が5つ(うち1つはポスター)。
研究会での発表が2つ。今年公開された論文が、3つ(もうすぐ公開されそうなのが、もう1つ)。
研究的資金獲得が1件(やっふーい!!)。
翻訳が1つ。

詳しくは、こちらをご覧ください。


<その他>


・大学院生のためのプレFD講座を修了

・対談イベント「ミルズ×デューイ 想像力をめぐって」を企画して、登壇

・あの伝説的ゲーム「スナッチャー」に関連したKotakuのインタビュー記事の英訳を務める(『ユナイテッド・ステイツ・オブ・ジャパン』のピーター・トライアスさんからご依頼いただきました!)

・小学生と高校生に対して出前授業(計3回)

・来年出るであろう共著書籍の原稿を書いていた! しかも2つ……!!(出たら買ってね)

・大学生協に属する学生組織の主宰するイベント「研究との出会い」にて、何やらエモいことを語る

・『総合人間学部広報』に一筆書く


などなど、他にも色々ある気がしますが、そんな感じです。
詳しくはこちら。あるいは、Twitterをご覧ください。