2013年8月19日月曜日

『ワールドゲイズ クリップス』と『3月のライオン』―風車みたいな空転、スミスという軽さ

五十嵐藍さんの 『ワールドゲイズ クリップス』を買った。
お金ないくせに買った。でも、2冊にしておいた。レシートはすぐにどこかへやった。

最近、色んな人に「読んでるよ」「楽しみにしてる」という声を、(お世辞でしょうが)頂くので、ずっと気になっていたこの記事を書き直すことにしました。
元エントリは11年の11月頃だったかな。



五十嵐藍さんというと、『鬼灯さん家のアネキ』は有名かな、と思います

『鬼灯さん家のアネキ』は、一見軽薄なストーリーだけれど、展開が本当にうまい。
にくい、と言うべきか。
五十嵐さんの目を見張る実力もあって、ただ単なる「チャラい」漫画じゃなくなった。(他にいい言葉浮かばない)
設定だけ聴けば、最初はワンアイデアの、「なんでもない」「普通の」「面白い」漫画でしかないのに。

人気が出たから続刊して、あのような展開になったのでしょうが、五十嵐藍に脱帽です。
……あ、ちょっと褒め過ぎたかもしれません。
ハードルあげちゃうと、楽しめるものも楽しめなくなっちゃいますから。


『ワールドゲイズ クリップス』の視線、の回避


画像を見てすぐに誰しも感じることだと思いますが、何を差し置いても、表紙がズルい。
こんな目で、こんな表情をされたら、もう買うしかないですよねー


並べての本のように、キャラがこちらを向いているのでなく、身体は半ばこちらを向いているのに、目と顔は斜を向いていることが、かなり示唆的。
本編読了後には、「やっぱこの表紙じゃないとなぁ」という納得感すら得られることは請け合いです。


ラノベや漫画の表紙を改めて眺めてみてほしいのですが、ほとんどのものがキャラクターは「こちら」を向いていることかと思います。
アニメの「版権絵」も大抵そうですよね。あと、実は雑誌のグラビアも大抵「こっち」を向いています。

表紙のキャラクターや人物が、なぜ読者や手に取る人の方を向いているかというと、「手にとってほしい」からですよね、多分。
《似たような》本はたくさんあるし、《魅力的》で、《お金を出してまで読む価値のある》本なんて五万とある。
その中で、それでもあくまでも、この本を「手にとってほしい」からキャラクターや人物は、読者の方に視線を送っている。



しかし待て。

――――この本のキャラクターは、「こちら」を向いていないじゃないか。



なぜかということは語りません。
ワンコインかそこらなので、騙されてみてください。いいから読んでください。
そりゃ、合わない人もいるでしょうとも。
ただ合う人には、決して一生手放さない本になるでしょうけど。



追記。
この発想はお友達の、なぞべーむさんに負っています。NETOKARUでの寄稿が見つかったので貼っておきますね。
彼女たちの視線と、僕たちの視線――コンテクチュアズ「genron etc. #1」に寄せて


風車という軽さ



『鬼灯さん家のアネキ』を描いた人だけあって、何でもないストーリーが軽くて重い。(けれど、やはり軽い)

一言で表現すれば、風車みたいな話だと思った。



見ていて決して軽くないはずなのに、するりと読者を通り抜けていく。心で重いものがカラカラと空転する。重く見えるだけで、とても薄くて軽い。危うさすら感じるくらい、軽い。
そういう空転、そういう感じ。

登場人物、みんな水彩画みたいに薄くて、言葉はしんと静かなくせに、とても軽い。体重なんて無いみたいにまわっていく。

主人公が「委員長」だというのがまたいい。
委員長に当てられるラベルといえば――真面目、勉強ができる、(真面目すぎて)空気を読まない、(あるいは真面目すぎて)地味、(地味で)存在感が薄い

色々あるとは思いますが。


スミスという軽さ


『3月のライオン』3巻には、最愛のキャラであるスミスが主役のシーンがあります。
(将棋の盤面についてはこちらを)

彼の使う戦法も「風車」と呼ばれるものです。
その3巻の中にはこんな一節があります。

これがスミス(棋士)。軽い男?


後藤の型は 居飛車 穴熊
対する俺は 風車
後藤が「重く」「堅い」とすれば
オレは「軽く」「広く」が持ち味だ
(Chapter26 「黒い河」その② ※俺とオレの部分は原文ママ)



戦術面でも、生活面でも、迷っていたスミスは、敗北した対局の後で(そもそも、彼は「挑戦者」としてどれだけ落ち着いて相対するかということに腐心していた)、対戦者である後藤にこう言われます。



軽いな

――だが まだちょっと重い―― 
☗2六角とのぞいた後 ☖5二金と守ったな
☖6三金と上がった方が良かったな
あれで「重さ」が出てしまった 
……… 
身軽さが信条なのだろう
――ならば 
迷うな 
(同上)

感想戦で、「分厚い」壁である後藤に、スミスは後押しすらされてしまいます。
対戦者にそう言われた直後、スミスは対局からの帰り道で、「為す術なく完敗したあげく 憑き物まで落とされて フルコースかよ…」と、事も無げに認めてしまう。

相手の「強さ」だけでなく、自分の信念の「薄さ」も、後藤という男の「分厚さ」も認めてしまう。

スミスは、軽い。
風車のように軽い。

棋士にとって、将棋は、それによって口を糊するものでもあるのでしょう。
漫画家にとって、漫画が、生活を支える手段でもあるのと同じように。

それなのに、スミスは軽い。
帰り道、半ばテンションのままにやけっぱちで、「お姉ちゃんたちのいる店で飲んだくれる」か、「家に帰って布団をかぶってワンワン泣く」か、どっちにしてやろうか!と悩みながらも、ふと捨て猫を見つけてしまったスミスは、事も無げに、その子猫を連れて帰ってしまう。


スミスは軽い。
スミスを取り巻く生活そのものが、空転するようにまわり、たくさんのものを広く巻き込んでいく。

淡々と、「非行」に走る、『ワールドゲイズ クリップス』の委員長と同じで。
軽く、広く。

いや、委員長は学生だし、スミスのような「大人」よりは手の届く範囲は狭いけど。


からからと、淡々とまわっていく風車。
二人とも、「軽い」けれど、重くないけれど


――――無視できるわけがないのだ。彼らのように、「軽く」生きていない人間は。





……などと申しております。
ミルチでしたー

追記。そういえば、ドン・キホーテが挑むのは「風車(ふうしゃ)」でしたね。
羽海野チカさんが意識しているか否かとは全く無関係に、なかなか味わい深い気もします。


2013年8月15日木曜日

同人誌『カラフルパッチワーク』の通販に関して

どうも。ミルチです。
更新が遅くなってすみません。

同人誌の内容や、全体の統一的なテーマである「こじらせた青春」話を、歌人でお友達の馬場めぐみさんとお話した告知・宣伝Ustreamの録音がありますー!
(※ユーストの仕様変更で、告知動画は消えています↑)


同人誌の詳細や、頒布情報については、こちらをご覧ください。

同人誌の注文について

2017年8月追記:ほんの少しあります。ミルチと会う機会あるよ、という人は、会うまでにご連絡いただければ手売りします。


連絡先↓
yuzumike✕gmail.com (✕は@に置き換えてください)

値段↓
同人誌:1200円


表紙絵「陽溜まりのようだ」byけーしん
大活躍中のイラストレーター・けーしんさんに、これ以上ないほどすばらしい絵を描いていただきました。
この絵に対してモチーフを与えている物語を、ぜひ読んでみてください。

ちなみにけーしんさんには表紙と裏表紙を担当してもらいました。

以下には、ざっくり関係者・参加者のツイートや、感想などをいくつか引用しておきます。













2013年8月3日土曜日

同人誌『カラフルパッチワーク』について(頒布・紹介など)

ようやく情報公開できます。
お久しぶりです、朝永ミルチです。こないだ23になりました。あまいものください。……それはさておきですね。。


同人誌の内容や、全体の統一的なテーマである「こじらせた青春」話を、歌人でお友達の馬場めぐみさんとお話した告知・宣伝Ustreamの録音がありますー!
ぐだぐだかつ前半の音声がロボロボしてるのであしからず。

私、朝永ミルチは同人誌を作ることになりました。みなさんの協力と好意の上に成り立っている創作系の同人誌です。
ほんとはコミケに委託したかったのですが、間に合いませんでした…orz



表紙絵「陽溜まりのようだ」byけーしん


通販・頒布情報


自家通販に関してはこちらを参照ください。→詳細はこちら

頒布予定イベントは、(今後のものはここに書きます)

サークル名は「カラフルパッチワーク」(同人誌と同じ)

委託イベントは、(今後のものはここに書きます)
(詳細なども随時更新)



同人誌について(ふわっとした説明?)


タイトルは『カラフルパッチワーク』。
いつの間にか、自分を取り囲んでいる「どうにもならないもの」「どうしようもないこと」。
人間関係における、自分を縛るもの。
本書に収録された、文章そしてイラストは、こういったことをモチーフが共通していると思います。

参加者の馬場めぐみさんが書いた小説の言葉を借りれば、こういうことです。
言ってしまったことは取り返しがつかないし、してしまったことも取り返しがつかない。あたしは13歳にして既に取り返しのつかないことに取り囲まれて生きている。(「さよなら夕焼け」 より)


13歳だろうと、23歳だろうと、きっと63歳だろうと、私は何かに縛られている。

もちろん、それはネガティブな意味合いだけではなくて。私を規定する何かだろうし。「私の可能性」という言葉に対応させるなら、「私の不可能性」とでも言うべき何か。
私が逃れられない、私でしかないもの。
そして、私を私にするもの……とまでいうと大げさか。

そういえば、森見登美彦が《だらだら》と扱っているのも、そういう話、「私の不可能性」なのかもしれませんね。
『四畳半神話大系』『有頂天家族』『夜は短し歩けよ乙女』にしろ)


私の手のひらの中には、それなりに沢山の色があって、幸せもあって、居心地もよくて。
でも、手の届くより遠くには、あまりにも不器用で。
不恰好に接木するように。ずっと水平にならない椅子みたいに。
そういう、カラフルな、寄せ集めた「私の不可能性」たち。

よくわかんないですよねw まぁ、いいや。
誰かに話したことはあるのですが、隠された個人的なテーマは谷川史子さんでした(谷川史子さん好きには読んでほしい)。けど、谷川史子さんだけでは満足できない。モチーフは重なるとこもあるけど、結構違うはずです。(『他人暮らし』、『P.S.アイラブユー』、『おひとりさま物語』とか)

個々の文章は下で紹介します。


『カラフルパッチワーク』の紹介(目次・値段)


与太話が過ぎましたね。

表紙はけーしん @keisin さん。ずっと好きで応援していたので(和紙道展でも、絵買ったくらい)、依頼できたことがまず嬉しいのですが、想像以上に魅力的なイラストがあがってきました。
ひいき目もあるでしょうが、けーしん絵で、最上位にいい絵じゃないですかね!!(自画自賛?他画自賛?)
裏表紙もけーしんさんに描いてもらいましたが、これは買ってのお楽しみ、です。


目次は以下の通り。目次上の表記では、敬称略。

No.1 エッセイ「水流に見る夢」 文:坂上秋成、絵:さんざし 
No.2 エッセイ「欲望の行方」 文:馬場めぐみ、絵:大沼もん 
No.3 小説「さよなら夕焼け」 文:馬場めぐみ、絵:おきつぐ 
No.4 小説「魔法使いはいらない子」 文:朝永ミルチ、絵:くぼみ

なんと、全部で74ページです。サイズはA5
わーお。自分の原稿が長すぎて絶望的ですね(自分の財布が)。


価格は、イベント頒布1,000円
通販は送料込みで1,500円。直接自分に会える人にも1,000円で手売りします。

大丈夫です、これでも十分赤字なのでwwww
……ソンエキブンキテンナド,ソンザイシナイ!! …(`;ω;´)笑
あまり部数は刷ってませんのでお早めに。

コンテンツ紹介(個々の紹介)


簡単に参加者と内容の紹介をします(大体出る順)
・「水流に見る夢」
文芸批評家で小説家(13年4月に『惜日のアリス』を上梓されました)の坂上秋成 @ssakagami さんのエッセイ。(ちなみに、小説の感想もブログに書いています。)
タイトルがなかなか巧妙で、文章もなかなかニヤリとできる内容なので、挿絵は結構時間をかけて相談をして、さんざし @xxsanzashixx さんに描いてもらいました。
「坂上さんのエッセイ読みたいなぁ。それも、普段聞かない話題で」

……この目論見は間違いなく達成されました。


・「欲望の行方」「さよなら夕焼け」
馬場めぐみ @onemomonga さんは、短歌研究新人賞を受賞された歌人です。
個人的に彼女の言葉に興味があって(馬場さんの興味に興味があるというより)、それにとても《変わった》方なので、ずっと注目していました。短歌以外にはなにをしたら、もっと面白い・より新しい馬場めぐみが見れるだろうか、と考えて、小説を書いてもらいました。

依頼をする前から、馬場さんの小説に付くイラストはおきつぐ @okitugu_ さんがいいなと確信していたので、そのように。「百合小説を書きます!(ふんすふんす)」と意気込んでいた馬場さんですが、ベタベタ百合っぽい小説というより、しみじみ百合です。超真っ当な青春小説だと思います。何度も読み返して、小説の「言葉」を確かめてほしい小説です。正直、3回目くらいでちょっと泣きました。ちょっとだけ。


エッセイは、ツイッターでよく出てくる話題の一つであるバンプ・オブ・チキン関係。バンプでロキノン?に文章を書いたこともあるだけあって、愛が重いですw 馬場さんのファンでもある大沼もん @onm_ctrn さんが挿絵。インタビューと一緒に読めば、より楽しめると思います(インタビュー「思い詰めの詩学」)。


・「魔法使いはいらない子」

最後の自分の小説は、魔法がオワコンになって、科学に代替されてるという設定の現代のお話です。
とはいえ、相変わらず一部の大学では、「魔法学」が学究されていて、お金にならないし担い手もいない、使い勝手も悪い魔法を学びたがる男の子が主人公です。
魔法の潜在能力も大して持っていないまま、飛び込んだ世界では……。

人生がいつ「本番」を迎えるのか、と。悶々としている感じの思春期さんです。
挿絵は、昔からの馴染みである、イラストレーターのくぼみさんに描いてもらいました。正直神がかってるイラスト。

依頼をメインにして、申し訳程度の文を書く
つもりが、長くなってしまって我ながらしょんぼりしているのですが、結構自分のものも面白いのではないのかな、と思ってます。多分、面白い。うん、面白い。(言い聞かせ)


全体的に、統一感のある本になったんじゃないかな、と思います。
編集も頑張ったので手にとっていただけると嬉しいです。
よろしくお願いします◎
質問などは、ツイッター(@mircea_morning)か、メールyamanekojumpあっとyahoo.co.jpまで。メールは気づくの遅れると思うのでツイッター推奨です。
追記。『都市のイメージ、イメージの都市』という同人誌も作ってます。こっちは電子版売ってます。300円です。